フェムトセカンドレーザーによるレーシック
フェムトセカンドレーシックとはVISUMAXのフェムトセカンドレーザーを用いて角膜層をスライスし、開き蓋状のフラップを作成します。一時的にフラップをめくり、間質と呼ばれる角膜下層を露出させます。MEL 90のエキシマレーザー(非常に精密で低温のレーザー)を照射して、角膜下層組織を削り、角膜の曲率を変えることで、屈折異常を矯正します。
 

 

回復が早い
片眼のレーザー照射時間はわずか23秒で、両眼手術には15分で済みます。術後1日目でほぼ普通の生活に戻れます
精度が高い
独自のコンピューター制御によるレーザーシステムにより、薄くて均一な厚さ角膜を切開することができます。フラップの下の角膜実質層を十分に残すことによりレーシック手術後の角膜がより安定しやすくなります。
痛みがない
すべての過程は全自動であり、術前から点眼麻酔で無痛の状態下にて施工されます。
検証された効果
従来の刃を使用する方法に比べ、フェムトセカンドレーザーによるレーシック手術では角膜手術の安全性だけでなく矯正視覚の質もさらに向上しています。これはレーザー精度が向上し、正確な角膜フラップ作成が可能となったためです。
適応について
 
手術は誰でも受けられますか?
  • 18歳以上。
  • 進行性のある屈折異常ではな(6か月以内に.75D以下の進行にとどめる)。
  • 角膜の構造異常なし(円錐角膜などがない)、角膜の厚さ十分である。
  • 眼底疾患、緑内障、白内障の既往なし。
  • 眼に炎症(結角膜縁、眼内炎、ブドウ膜炎など)起きていない。
 
 
無料でレーシックPHAKICのコンサルティングを行ないます
フェイキックレーシッ

クセミナー
毎週水曜日土曜日に無料で提供します
 
Khám và tư vấn chuyên sâu
trước phẫu thuật cận thị MIỄN PHÍ!
4. フェムトセカンドレーシック手術の流れ
術着に着替えいただいたあと、点眼液で麻酔をします。手術の所要時間は、両眼の場合で15分程度。入院の必要はありません。
VISUMAXの<wbr />フェムトセカンドレーザーを<wbr />用いて<wbr />フラップを<wbr />作成する。<wbr />
フラップを<wbr />めくります。<wbr />
エキシマレーザーを<wbr />照射し<wbr />ます<wbr />
フラップを<wbr />戻して<wbr />終了です。<wbr />
 
フェムトセカンドレーシック術前の注意事項について
  1. 適応検査手術の前は一定期間コンタクトレンズの使用を控えていただく必要がございます。
  2. 食事は制限ありませんがアルコール・たばこは手術当日から少なくとも3日間控えてください。治療薬があれば続行してください。
  3. 適応検査のみの日の化粧は可能ですが、アイメイクは控えめにして下さ。 また、手術当日はノーメイクでお越しください。(化粧水乳液の可)
  4. 手術当日は香水(ボデイクリーム)整髪料な香りのものは絶対につけずに越し下さい。レーザーの精度に影響しますので、つけてこられた場合は手術を延期させていただきます。(お洋服に香水が残っている場合も同様です)
  5. 適応検査手術当日は車やバイク自転車などご自身で運転でのご来院は禁止となっております。(他の方に運転してもらう場合は可能です)
  6. 手術当日はセーターなどの毛羽立つ洋服ヒールの高いブーツを着用しての来院は控えください。
  7. 十分な睡眠をとりリラックスな状態で手術に臨む。
フェムトセカンドレーシック - 日本国際眼科病院にて
フェムトセカンドレーシック<wbr /> - 日本国際眼科病院にて<wbr />
レーザーシステム

日本国際眼科病院では開院当初からVISUMAX と MEL 90総合システムを導入しております。この両者は屈折異常矯正手術の最新鋭の眼科用レーザー装置です。2020年にVISUMAXを新規購入しております。常に精度の高い手術ができるように設備の更新と体制を整っております。

経験豊富な医師
屈折異常の検査と治療に関して長年の経験を持つ、国内外で訓練を受けた医師のチームが最高の手術の質を保証します。
適応検査とコンサルティングの流れ
最新の医療機器と経験豊富なスタッフで検査を徹底して行い、患者様の目の状態を正確に把握することで、最高の結果と安全性を追求した手術が可能になります。
暖か日本のおもてなしで看護します
患者が一人でも安心して受診手術を受けられるように体制を整っております。
手術費用をコンパクトに
手術費用には術前検査費用術後の保護メガネと一年間無料で再診が含まれています。
よくある質問
フェムトセカンドレーザーによるレーシックに関する質問